関連記事表示プラグインWordPress Related Postsの設定方法と設置

WordPress Related Posts プラグイン 関連記事表示 設定方法

関連記事を表示させるプラグインWordPress Related Postsの設定方法と設置する位置について解説します。

関連記事を表示させることで、訪問者の直帰率を下げサイト巡回率を上げる効果があります。

インターネット通販なんかでも『この商品を見た人はこんな商品も見ています』という表記を見たことがあると思います^^

興味がある商品だと、ついつい『お!これもいいな!』と気になって見てしまうものですよね。

ブログでも同様の効果があるので、ぜひWordPress Related Postsを導入していきましょう。

WordPress Related Postsの設定方法を動画で解説

 

WordPress Related Postsの設定方法

まず、ダッシュボード→プラグイン→新規追加→『WordPress Related Posts』を検索してインストールし、有効化しましょう。

参照:プラグインのインストールと有効化の方法

次に、ダッシュボード→設定→『WordPress Related Posts』から設定をしていきます。

WordPress Related Posts プラグイン 関連記事表示 設定方法

 

Title:『関連記事はこちら』『こちらの記事もオススメです』など、分かりやすい言葉を日本語で入れていきます。

Number:関連記事を表示させる数を選択します。

WordPress Related Posts プラグイン 関連記事表示 設定方法

 

サムネイル画像の大きさと、関連記事のタイトルの他に何を表示させるかを選びます。

WordPress Related Posts プラグイン 関連記事表示 設定方法

関連記事にはタイトルとサムネイル画像が表示させておくだけで十分だと思うので、デフォルトでOKです。

もしも日付やコメントも一緒に表示させたい時にはそれらにチェックを入れることで表示できます。

 

次に、関連記事に表示させたくないカテゴリがある場合には、チェックを入れることで表示させないことができます。

%ef%bd%97%ef%bc%92%ef%bc%94

 

また、下の3行のうち一番上にチェックを入れると記事下に自動で関連記事が表示されます。

Google AdSense広告を貼る場合には、記事本文終了⇒AdSense広告⇒関連記事という風に表記させたほうがクリック率が高くなるため、ここではチェックを外しておきましょう。

赤枠内のコードをコピーして、ダッシュボード→外観→テーマの編集→『単一記事の投稿』から入れていくことで関連記事を好きな場所に表示させることができます。

 

関連記事は表示させるのとさせないのとでは、サイトの巡回率が全然違うので、ぜひ設置してみてくださいね!

無料メールマガジンで莉音の最新情報をお届けします

コメントを残す

CAPTCHA


*

サブコンテンツ

このページの先頭へ