大掃除をする効率的な順番やコツは小さい部屋から!必要な道具は?

大掃除 効率的 順番 コツ 道具

年末の大イベントには大掃除がありますね。なるべく効率的に行いたいもの。

大掃除をする時の効率的な順番やコツ、必要な道具などをご紹介いたします。

大掃除を効率的に行う順番

大掃除をする場所は色々ありますよね。リビング、キッチン、トイレ、風呂場、玄関等々・・・

一体どこから行うのが効率的なのか悩みませんか?

ほとんどの方は『リビングからでは?』と思われることでしょう。

やはり、リビングはメインの居住スペースとなりますからね^^

しかし、効率的に大掃除をするためには、リビングからスタートするのは危険なのです!

なぜなら、リビングは通常他の部屋よりも広く、床や窓や家具の裏など、掃除すべき場所がたくさんありますよね。

そんな広いスペースであるリビングの大掃除を先に始めると、すべて終わる頃には疲れ果ててしまうのです。

その結果どうなるかと言うと、風呂場やトイレまで手が回らなくなるという訳です。

では、効率的に大掃除を行う順番はどのような順番かというと、

小さい部屋から行うことです。

具体的には、トイレ→風呂場→玄関→キッチン→リビングの順番が良いですね^^

なぜかと言うと、小さい部屋をひとつ掃除するごとに達成感が味わえるので『よし!次行こう!』という風にモチベーションが続くのです(*^^*)

少しずつモチベーションを持続させることで、家全体の大掃除をやり遂げられるということですね。

ついついリビングから大掃除を始めがちですが、ぜひトイレや風呂場といった小さい部屋から掃除するようにしてみてください☆

大掃除に必要な道具

大掃除 効率的 順番 コツ 道具

年末にホームセンターなんかに行くと、大掃除のためのグッヅがたくさん売られています。

けれど、なるべく道具は最小限に済ませたいもの。道具をしまっておく場所にも限りがありますからね。

大掃除に必要最低限な道具をご紹介します。

トイレ掃除

・ゴム手袋

・トイレクイックル

・柄付きブラシ

・雑巾

→普段はふかないような壁なども、雑巾でキレイに拭いていきましょう☆

・トイレ用洗剤

・古い歯ブラシ

→便器の細かい所もキレイに洗えます

・つけ置きする洗浄液

→固形のもので、普段の掃除にプラスで行うと気持ち良いです

風呂場

・ゴム手袋

・浴室用洗剤

・防カビ洗剤

・クイックルワイパー

→普段は床掃除に使用するものですが、風呂掃除の際にはクイックルワイパーに防カビ洗剤を付け、天井に使用すると液だれせずに便利です。5分ほどおいてから水拭きしましょう。

・お酢の力ティンクル

→水垢によく効きます

キッチン

・ゴム手袋

・雑巾

・ハイター

→冷蔵庫の中はハイターを薄めたもので拭くことで殺菌効果があります。

・キッチンスポンジ

・マジックリン

→キッチンにはマジックリンひとつあればすべて掃除できてしまいます^^わが家はマジックリンでコンロ周りや換気扇などを掃除します。

・お酢の力ティンクル

→水垢によく効きます

リビング

・ゴム手袋

・雑巾

・キッチンスポンジ

→キッチンスポンジに切り込みを入れて水を染み込ませたたもので、窓のヘリの部分を簡単に洗浄することができます。

・新聞紙

→窓拭きには新聞紙が最適です。先に雑巾で拭いた後、湿らせた新聞紙で窓を拭くことでピカピカになります^^

 

商品名を出した方が分かりやすいものは、商品名をそのまま載せました。

わが家はアパートなので、道具や洗剤類を無駄に増やしたくなかったので最小限に抑えています。

道具や洗剤類は今回ご紹介したもので事足りると思いますよ^^

そういえば先日『サビにはケチャップをつけておくと良い』と、テレビで紹介されていたので、ケチャップを使用する勇気のある方は試してみてください☆笑

 

大掃除をする効果的な順番と、必要な道具についてぜひ参考にしてみてくださいねヽ(=´▽`=)ノ

 

無料メールマガジンで莉音の最新情報をお届けします

コメントを残す

CAPTCHA


*

サブコンテンツ

このページの先頭へ