【2017最新版】Google AdSense審査に通過するブログの作り方まとめ

Google AdSense審査、通過するブログ、作り方

Google AdSense審査は、日々厳しくなっている印象があります。

2016年の春頃までは、無料ブログで日記のような記事を5記事程書いて審査に出せば通過していましたが、2017年現在はそのやり方ではGoogle AdSenseのアカウントを取得することはできなくなりました。

まず、無料ブログで作成したブログのURLはそもそも審査に出すこともできないのです。

ではどうしたらGoogle AdSenseの審査に通過することができるのか?

この記事では、Google AdSense審査を通過するブログの作り方をまとめました。

私は多くのコンサル生にアドバイスをして、2017年現在もGoogle AdSense審査通過し、アカウント取得へ導いてきたので、ぜひ参考にしてみて下さいね^^

Google AdSense審査には独自ドメインでのブログが必要

Google AdSenseの審査に出す際には、独自ドメインで運営するブログが必要です。

以前のように無料ブログで作成するブログではなく、有料でドメインを取得し、サーバーをレンタルしてWordPressでのブログを立ち上げ、そのブログのURLを使ってGoogle AdSense審査に出します。

詳しくはこちら

Google AdSense審査には独自ドメインでのブログが必須

 

2017年Google AdSense審査を通過するブログの特徴

2017年、Google AdSenseに通過するブログの特徴としてはこんなことが挙げられます。

・完成されたブログ

・きちんと運営されているブログ

・読者のためになるようなブログ

Googleからは、これらを考慮したブログが求められています。

自己満足の日記ではなく、人が読んだ時に参考になるようなブログということが重要なのです。

具体的にどんなことに気をつけてブログを構築していけばいいのかは、こちらにまとめました。

2017年Google AdSense審査に通過するブログの作り方

Google AdSense審査に通過するためにブログの具体的な作り方はこちらです^^

・何か1つのテーマに特化したブログ

・1記事1,000文字以上

・30記事以上

・更新頻度は高めに

・読みやすい記事を心がけ、赤字や太字などの装飾や見出しを使う

・記事ごとに適宜画像を入れる(画像はフリー素材または自分で撮った写真)

・カテゴリーを設定する

・カテゴリーにはバランス良く記事を書く(ひとつのカテゴリーには10記事あるのに、違うカテゴリーには1記事しかない、といったバラつきは×)

・ヘッダー画像にはオリジナルなものを使用する

・ヘッダー下にはグローバルメニューを設定し、『目次』『お問い合わせ』『運営者情報』『プライバシーポリシー』を作る

・サイドバーの一番上にはプロフィールを設置する

・テンプレートは元々WordPressに入っているテーマではなく、有料または無料のテンプレートを使用する

では、それぞれを細かく解説していきますね。

何か1つのテーマに特化したブログ

何か1つのテーマに特化した、特化ブログを作成していきます。

特化ブログのテーマはあなたが好きなこと、興味や関心のあるネタを選んでいきましょう。

30記事は必要になるので、あなたが興味関心や知識がないネタだと辛くなります。

これまで審査に通過してきた特化ブログの例だと、これらが挙げられます。

・映画の感想やあらすじをまとめるブログ

・料理のレシピブログ

・育児ブログ

・旅行ブログ

・グルメブログ(食レポ)

・スポーツ観戦ブログ

・ダイエットブログ

・ゲームブログ

・家庭菜園に関するブログ

・趣味のスポーツに特化したブログ

などなど。

ぜひ、あなたが好きなことや興味のあるネタで特化ブログのテーマを決めてみてください。

注意点としては、芸能系やアイドル系だとGoogleから『トレンドアフィリエイトを運営するためのブログではないか?』と思われて、審査に通過しない可能性が高いので、もしも芸能人が大好き!芸能系で特化ブログを作りたいと思ったとしても、GoogleAdSenseの審査用のブログのテーマにはしない方が無難です。

1記事1,000文字以上

中身のある、充実した記事である必要があります。そのためには、文字数は最低でも1,000文字以上書きましょう。

例えば、レシピブログで1,000文字以上書けないよー!と思ったとしても、その料理に関するエピソードを入れてみたり、感想を書いたりアレンジレシピも載せたり。

どうにか工夫をして1,000文字以上は書いたほうが審査には通りやすいです。

30記事以上

1サイトにつき30記事以上更新してから審査に出しましょう。

1,000文字以上の記事を30記事以上・・・ちょっと考えただけでも大変そうですよね。

だからこそ、あなたが好きなネタで書いていくことがおすすめです^^

更新頻度を高めに

『このブログはきちんと運営している』ということが分かるように、記事の更新頻度も大切です。

1週間に一度しか更新していないようなブログだと、きちんと運営しているとは判断されません。

そのため、なるべく1日に1記事更新。少なくとも2~3日に1記事は更新するくらいの頻度なら審査に通りやすいです。

毎日更新が厳しいようなら、書ける時に何記事か書いておいて予約投稿の機能を使用したり、あとで日付を調整していけばOKです!

読みやすい記事にするため!赤字太字などの装飾や見出しを使う

ブログは、読む人のことを考えた『読みやすい記事』にすることが重要です。

人に読んでもらうことが前提のブログを作っていきましょう^^

具体的には、重要なところに赤字太字などの装飾を使用したり、見出しタグを使用していきましょう。

見出しタグは今あなたが読んでいるこのブログにも使用しています。

記事の内容ごとに分けてある段落のことですね^^

こちらの見出しも読みやすくなるように使用していきましょう。

記事ごとに適宜画像を入れる

以前は、Google AdSense審査用のブログには画像は使用してはいけないという流れがありましたが、現在は逆です。

1記事に1000文字以上あるわけなので、やはり画像がない文章だけの記事は読みづらいです(・_・;)

その記事の内容に合った画像を入れていきましょう!

画像は、フリー素材または自分で撮った写真を使用していきます。

カテゴリーを設定する

記事のカテゴリーを設置して、ユーザビリティーを向上させます。

例えば映画ブログだとしたら、『恋愛』『コメディ』『アニメ』『ドキュメンタリー』といった具合に、記事を分類していきます。

カテゴリーの数に決まりはありませんが、5つくらいがちょうど良い感じがしますね^^

カテゴリーにはバランス良く記事を書く

カテゴリー分けはバランスが良い方がいいです。

例えばひとつのカテゴリーには10記事あるのに、違うカテゴリーには1記事しかない、という感じだとバランスが悪いですよね。

こういたバランスも大切なので、考えながらカテゴリー分けをしていきましょう。

ヘッダー画像にはオリジナルなものを使用する

サイトにオリジナリティを出すためにも、オリジナルなヘッダー画像を使用します。

ヘッダー画像を自分で作成して設定します。

ヘッダー画像を作るなんてとても難しそう・・・と思われるかもしれませんが、こちらのやり方を使えば無料で簡単にヘッダー画像を作成できますよ^^

一番簡単なヘッダー画像の作り方

グローバルメニューを設定する

ヘッダー画像の下には、グローバルメニューを設定し、『目次』『お問い合わせ』『運営者情報』『プライバシーポリシー』を作ります。

目次の設定方法はこちら

目次の設定方法

お問い合わせの設定方法はこちら

お問い合わせフォームの設定方法

『運営者情報』は、固定ページで簡単なプロフィールを書いたり「このブログは誰のために何のために書いているか」を書いたり、あとは連絡先としてGmailアドレスを記載します。

『プライバシーポリシー』は、固定ページでこんな感じの文章を作っていきます。こちらはそのままコピペするのではなく、多少アレンジして使用して下さい。

プライバシーポリシー

当ブログでは、第三者配信による広告サービスを利用し、ユーザー様が閲覧する他のサイト

(Adsense広告のあるサイトやYouTube)の状況に応じて、興味のある広告を配信しています。

そのため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、

電話番号は含まれません) を使用することがあります。

http://www.google.co.jp/policies/technologies/ads/

当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は

含まれません) を使用されないようにする方法については、こちらをクリックし、

設定変更をお願いします。

https://support.google.com/adsense/answer/113771?ref_topic=23402&rd=2

詳しくは、Adsense 広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。

http://www.google.com/intl/ja/privacy.html

サイドバーの一番上にプロフィールを設置する

サイドバーの一番上の目立つところにはプロフィールを設置しましょう。

こちらにも、フリー素材または自分で撮った写真を載せていき、簡単なプロフィールの載せます。

WordPressのサイドバーにプロフィールを載せる簡単なやり方はこちら

WordPressのサイドバーにプロフィールを載せる方法

テンプレートを変える

テンプレートは、元々WordPressに入っているテーマをそのまま使用していると、いかにも『ブログを立ち上げたばかり』という感じがし、きちんと運営しているブログに見えないので、なるべくなら有料のテンプレート(賢威など)または無料のテンプレート(STINGERなど)を使用した方が審査に通りやすい傾向にあります。

ただし、WordPressに元々入っているテーマでも厳選してオシャレそうなものを探して使用し、審査に通ったケースもあります。

いずれにしても、WordPressのテーマで一番上にあるようなテーマは選ばない方が良さそうです。

Google AdSense審査に出した後の注意点

Google AdSense審査に出した後も、なるべく1日1記事は更新していきましょう。

最近の傾向としては、一次審査に出した後審査に通った場合には2時間ほどで一次審査通過のメールが来ることが多いようです。

Google AdSenseは一度落ちてしまっても何度でも挑戦できる!

Google AdSense審査は一度や二度落ちてしまっても、何度でも挑戦することができます。

私のコンサル生の中には、過去8回落ちたけれど9回目に私のアドバイスを元にブログを修正して審査に出し、通過した!!という方がいましたし、その他にも過去何度も落ちたけれどブログを修正して再度挑戦したら審査に通過したというケースが多いです。

なので、何度か落ちてしまったとしても再挑戦できるのでご安心ください^^

再審査の際に注意点があります。

それは、審査に通らなかった場合はそこから2週間は間を空けるということ。

10日でも12日でもダメです。必ず2週間以上は空けましょう。

一次審査に落ちた後、短い期間で再審査に出しても落ち続けてしまいます。

まとめ

今回の記事では、2017年の最新版としてGoogle AdSense審査に通りやすいブログの作り方をご紹介いたしました!

過去、私がサイトを添削してきてアドバイスし、上記のようなブログを作成されたコンサル生の方々は100%審査に通っています。

なので、ぜひこの記事を参考にGoogle AdSense審査用の記事を作成してみてくださいね^^

GoogleAdSense審査の出し方の流れはこちらをご参照下さい。

Google AdSense一次審査の申請方法

Google AdSense二次審査の申請方法

 

私が配信しているメルマガでは、ネットビジネスをスタートし、収益化するまでを完全マニュアル化したネットビジネスのレシピ集【affilipad】をプレゼントしています^^

下記より無料で登録できますので、ぜひご活用下さいね~!

無料メールマガジンで莉音の最新情報をお届けします

One Response to “【2017最新版】Google AdSense審査に通過するブログの作り方まとめ”

  1. ゆーろ より:

    莉音さんこんにちは!

    ゆーろと申します

    グーグルアドセンスの審査は日に日に厳しくなっているようですね

    僕が昨年の10月に取得した時は芸能系のブログで1000字30記事くらいで通りました


    今回の記事はヘッダーの画像やテンプレートなど後々のことまで見据えて書いているように見えたので
    読者さんのことをきちんと考えていると感じました!!
    参考にさせていただきます

    ではまた来ます!!

コメントを残す

*

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ