専業主婦の在宅ワーク!種類は何がある?資格や収入は?

専業主婦の在宅ワークの種類や収入などをご紹介いたします☆

在宅ワークの種類

在宅ワーク

在宅ワークと言っても、パソコンを使って行うものから何かを手作りして売るというものまで様々あります。

こちらでは主にパソコンを使って行う在宅ワークをご紹介します。

アフィリエイト

→私が現在実践しているお仕事です。特に資格やスキルが必要なく、パソコンとネット環境さえあればできるので便利です。

ブログライター

→依頼された記事を1記事いくらという感じで提出してお金をもらうお仕事です。大体1記事300文字で60円程のようです。

データ入力

→依頼されたデータをパソコンで入力していくお仕事です。報酬は依頼された企業などによって違うようです。

アンケートモニター

→アンケートに答えてポイントをためて、お金に換えられるというもの。以前実践したことがありますが、500円稼ぐのに果てしなく時間がかかり、大変なのでやめました。

覆面調査員

→仕事をしている頃からこっそり実践しています。飲食店などに一般のお客さんとして訪れ、お店のサービスを調査するもの。謝礼はもらえますが、それと同じ額をお店で自分で支払う調査も多いので、お金を稼げるというよりも「結果的にタダで食事ができる」という感じで利用しています。

グラフィックデザイナー

→パンフレットや広告を作ったりして、情報を第3者に伝えるお仕事です。スキルがないとできないお仕事だと思います。

チャットレディ

→パソコンにカメラを取り付けて、男性と話をするお仕事です。報酬は良いようですが、夫がいる主婦にとってはちょっとやりづらいお仕事だと思います^^;

テープ起こし

→雑誌の対談や講演会や会議など、録音された音声をパソコンで文字として入力していくお仕事です。専門用語などが多い場合は大変なようです。慣れるまでは1時間の音声を起こすのに1週間かかることもあるんだとか。

 

在宅ワークでも色々な種類があるので、自分に合ったお仕事がきっと見つけられるはずですね!

ちなみに私はアフィリエイトをしていますが、アフィリエイトの中にも種類があるのでやっていて楽しいです♪

アフィリエイトの種類についてはまた別の記事でご紹介しますね☆

無料メールマガジンで莉音の最新情報をお届けします

コメントを残す

CAPTCHA


*

サブコンテンツ

このページの先頭へ