Googleウェブマスターツールとは?サイト登録と設定方法を解説

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

※追記:現在Googleウェブマスターツールは『Google Search Console』という名称に変更されています。

機能や登録方法、使い方などはこの記事の通りにすすめていただいて大丈夫です^^

 

Googleウェブマスターツール特徴や登録方法、使い方などを解説していきます。

Googleウェブマスターツールは、Googleが提供している無料のサイト管理ツールです。

SEO対策の機能をいくつも持っているので、ブログを立ち上げたら早めに設定していきましょう。

Googleウェブマスターツールの登録設定方法を動画で

 

Googleウェブマスターツールって何?

Googleウェブマスターツールは略して『ウェブマスターツール』とも呼ばれています。(私も以下ではウェブマスターツールと書いています)

どんな機能か簡単に言うと、サイトの管理をしてくれるツールです。

あなたが開設したブログのURLをウェブマスターツールに登録しておくと、あなたのブログに何か異変が起きた時に教えてくれます。

例えば、ドメインの更新をするのをうっかり忘れて、あなたのブログにアクセスできない状態になってしまったとします。

そんな時にウェブマスターツールに登録しておくとすぐさま『サイトにアクセスできません』ということを表示して教えてくれます。

メールなどが届くわけではないので、ブログを運営している時には頻繁にウェブマスターツールを確認しておくといいです^^

 

ウェブマスターツールの機能をまとめるとこんなものがあります。

・サイトに異常が起きた時にいち早く教えてくれる

・サイト立ち上げ直後など、インデックス速度が遅い段階でも、クローラーに『この記事をインデックスしてください』と、こちらからリクエストを送ることができる

・登録しているサイトがどんなキーワードで検索されているかが分かる

・サイトの改善点を教えてくれる

 

サイトのことを管理してくれて、自分が気が付く前にサイトの異変を教えてくれる便利なツールなので、ぜひ登録していきましょう!

Googleウェブマスターツールの登録方法

Googleアカウントの取得

Googleウェブマスターツールの登録は、Googleアカウントを使って簡単にできます!

まだGoogleアカウントをお持ちでない場合には、下記を参考にしてアカウントを取得してくださいね^^

参照:Googleアカウントの取得方法

Googleウェブマスターツールにログイン

Googleアカウントを使ってウェブマスターツールにログインします。

こちらからログインできます→Googleウェブマスターツール

サイトを追加する

Googleウェブマスターツールに、あなたが運営しているブログのURLを登録します。

赤枠内にブログのURLを入れて『プロパティを追加』をクリックすればOKです。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

所有者の確認

登録したサイトが本当にあなたのものか確認の作業をします。

所有者の確認方法はこちらに書かれた順番にやっていきます。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

まずは赤枠内をクリックし、ファイルをダウンロードします。

ダウンロードする前に注意して欲しいのが、このファイルをダウンロードする前に他のファイルや画像などをダウンロードして画面下に履歴が残っている場合には、このファイルに(2)とか(3)と数字がついてしまい、正常にアップロードできないので、一度インターネットにつないでいる画面をすべて閉じましょう。

そうすると、画面下にあったダウンロード履歴が消えます^^

その状態で下記の赤枠内をクリックし、ウェブマスターツールのファイルをダウンロードしましょう。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

 

次にFTPを開き、登録したサイトの中にダウンロードしたファイルをアップロードしていきます。

サイトのサーバーを選択して接続します。

FTPにサイトの登録がしてない場合は「新規ホスト」から設定していきましょう。

参照:FTPソフトの設定方法

ウェブマスターツール 設定方法

 

サイトのサーバーに接続し、右側からサイトのURLをダブルクリック。

ウェブマスターツール 設定方法

 

public_htmlをダブルクリック。

ウェブマスターツール 設定方法

 

public_htmlの階層に、先ほどダウンロードしたファイルをドラッグ・アンド・ドロップし、アップロードします。

ウェブマスターツール 設定方法

 

(さっきダウンロードしたファイルは、この下にあるファイルです。このファイルをドラッグ・アンド・ドロップしてアップロードすればOK。)

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

ファイルをアップロードしたらウェブマスターツールのこのページに戻り、下記の赤枠内をクリックします。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

このような表示がされればOKです。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

表示されない場合は・・・

もしも401などエラーが出て正常にアップロードできない場合は、ダウンロードしたファイルに番号がついてしまっているか、FTPのアップロードする場所が違っていると思います。

ファイルに(2)などの番号がついてしまっている場合には、ダウンロードしたファイルを開き、右クリックで『名前をつけてファイルを保存』を選択して、番号の部分をデリートで消せばアップロードできます。

アップロードする場所は『public_html』の階層なので、もう一度確認してみましょう^^

 

Googleウェブマスターツールの登録設定完了!

正常にアップロードができたら左下の『確認』をクリックします。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

無事にサイト所有者確認が取れました。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

『続行』をクリックするとウェブマスターツールのダッシュボードへ行きます。

『www』ありのURLも登録する

先程は『http://』のあとに『www』がつかないURLを登録しましたが、次に『www』つきのURLも登録していきます。

『プロパティを追加』をクリック

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

『www』つきのURLを入力し『続行』をクリックします。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

するとまた『所有者の確認』というページにいきます。

すでに先ほどこのサイトにファイルをアップロードしてあるので、ここでは『確認』をクリックするだけで大丈夫です。

優先するバージョンを選ぶ

『www』があるバージョンかないバージョンで、優先する方を選んで設定していきます。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

『www』なしのドメインを選択し、『保存』をクリックすれば完了です。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

ターゲットとなる国を選択する

次に、ターゲットとなる国を選択していきます。

『国を選択』をクリック

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

『国』をクリック

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

『ターゲットユーザーの地域』にチェックを入れると国が選択できるようになるので『日本』を選び、『保存』をクリックします。

Googleウェブマスターツール 登録設定方法

 

同僚にアクセス権を付与する

これは、自分以外の人もレポートにアクセスできるようになる機能です。

相手のGmailアドレスを入れることで設定できます。

サイトマップを送信

ウェブマスターツールの登録設定が終わったら、次に設定していきたいのは『サイトマップ』です。

サイトマップとは、簡単に言うとブログの目次ですね。

あなたのブログの内容をGoogleに通知できます。それは、検索結果にヒットさせる上で重要な役割を果たすので、サイトマップの設定もしていきましょう。

サイトマップの設定方法はこちらの記事で解説しているので、参考にしてくださいね。

Google XML Sitemapsでサイトマップの設定をする方法

 

Googleウェブマスターツールは、サイトの異変を知らせてくれたり、クローラーへ情報をインデックスさせてくれたり、様々な機能が無料で使えるので、ぜひ活用していきましょう^^

今回のウェブマスターツールの登録設定方法で分かりづらい箇所などがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!

莉音へメールする

無料メールマガジンで莉音の最新情報をお届けします

コメントを残す

CAPTCHA


*

サブコンテンツ

このページの先頭へ