All in One SEO PackでSEO強化!使い方と設定方法を動画で解説

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

All in One SEO Packというプラグインは、WordPressサイトのSEOを強化するためのプラグインです。

WordPressでブログを運営されている多くの方は、このAll in One SEO Packを使用されていると思います。

All in One SEO Packは便利な半面、設定する箇所が多いので初心者の方には何をどうしたら良いか分かりづらいのではないでしょうか。

こちらの記事では、All in One SEO Packの設定方法や使い方を解説いたします。

All in One SEO Packの設定と使い方を動画で解説


 

All in One SEO Packとは?

All in One SEO Packは、サイトのSEO関連の設定を総合的に管理できるプラグインです。

記事ごとにタイトルやキーワードを設定できるので、書いた記事を検索結果の上位に表示させやすくなります。

それ以外にもウェブマスターツールの認証が行えたりと、他のプラグインを使うような機能がついていて便利です。

All in One SEO Packの機能一覧

・サイトのタイトルやキーワードの設定

・Google Analyticsのコードの設置

・XMLサイトマップの生成機能

・ウェブマスターツールの認証

・Google+の著作情報の登録

・ソーシャルメディアのメタタグ設定

これらが代表的なAll in One SEO Packの機能です。

All in One SEO Packの設定方法

ではここからは、実際にAll in One SEO Packをどのように設定したら良いのか解説していきますね。

All in One SEO Packのインストール

ダッシュボード→プラグイン→新規追加→『All in One SEO Pack』と検索してインストールし、有効化します。

参照:プラグインのインストールと有効化の方法

有効化するとダッシュボードに『All in One SEO Pack』が表示されるようになるので、そちらから設定をしていきます。

All in One SEO Pack

 

General Settings

General Settingsは特にに変える箇所はないので、デフォルトのままでOKです。

『Canonical URLs』は重複コンテンツ防止の効果があるので、必ずチェックしておきます。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

 

Home Page Settings

Home Page settingsでは、サイトの情報を入れていきます。WordPressでのSEO対策で重要な部分です。

ホームタイトル:サイトのタイトルを入力します。

ホーム詳細:サイトの説明文を入力します。

ホームキーワード:サイトを検索する時に、なんというキーワードで検索されたいかを考えて入力します。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

私のサイトだとこのように表示されています。

上がサイトのタイトル、下に表示さている文章が『ホーム詳細』の文章です。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

 

Keyword Settings

こちらでは、下の3つのチェックを外します。

チェックがしてあると、各記事でメタキーワードが自動で生成されてしまいますが、メタキーワードは記事を書くたびに手動で入れていくため、ここは外します。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

 

Title Settings

『タイトルを書き換える』は『利用』にします。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

次に『投稿タイトルフォーマット』を『%post_title%』だけにします。

『| %blog_title%』が付いていると、検索結果に記事タイトルとブログのタイトルも表示されてしまいます。

例えば記事タイトルが『プラグインの使い方』の場合、『プラグインの使い方|インターネットで起業した主婦莉音のブログ』という風に表示されてしまうのです。

検索結果には記事タイトルだけ表示された方が良いと思うので、『投稿タイトルのフォーマット』は『%post_title% 』にしておきましょう。

Custom Post Type Settings

カスタム投稿は利用するのみ『利用』にチェックしますが、利用しない場合は『利用停止』でOKです。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

 

Display Settings

Display settingsでは、All in One SEO Packの機能である『タイトル』と『ディスクプリクション』と『キーワード』の設定をする環境にチェックを入れます。

『投稿』と『固定ページ』でOKです。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

 

Webmaster Verification

赤枠内にウェブマスターツールの埋め込みコードを入れることで、All in One SEO Packを使ってウェブマスターツールの承認作業ができます。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

ウェブマスターツールの承認作業はこちらに埋め込みコードを入れる方法よりも、FTPソフトを使って行う方法がオススメです。

 

Google Settings

Google settingsでは、Google+の著作情報登録とGoogle Analyticsの設定ができます。

上の赤枠にはGoogle+のアカウントURLを、下の赤枠にはGoogle AnalyticsのIDを入力することでGoogle Analyticsのアクセス解析ができるようになります。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

 

Noindex Settings

Noindexとは、クローラーにインデックスさせないようにする設定のことです。

通常、書いた記事はクローラーにインデックスされることで検索結果に表示されることになります。

よくわからない場合は、一番上の『カテゴリーをnoindexにする』だけチェックを外しておきましょう。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

 

Advanced Settings

Advanced Settingsでは、『詳細を自動生成』にチェックを入れておくことで、ディスクプリクションに何も入力しない時でも自動で本文からディスクプリクションを生成してくれます。

それ以外はこのままでOKです。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

 

すべて設定できたら『設定を更新』をクリックします。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

 

以上でAll in One SEO Packの設定は終わりです。お疲れ様でした。

 

All in One SEO Packの使い方

設定が完了したら、記事の新規投稿画面の一番下にAll in One SEO Packが表示されるので、下記のように入力していきます。

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

タイトルの欄にはブログ記事のタイトルを入力します。

検索結果で表示された時には31文字までしか表示されないため、なるべく31文字以内にしましょう。

 

説明文は、ブログ記事の説明文を入力します。

入力しない場合は、本文の頭の部分から自動に入力されます。

 

キーワードは、検索されたいキーワードを入力します。キーワードに入れたものは、タイトルや説明文にもしっかりと入れていきましょう。

 

最後に

All in One SEO Packは設定が多くて大変ですね。

最初のうちは何がなんだかわからないと思いますが、記事を書いていったり作業になれていくと『これってこういう意味だったんだな』というのがわかるようになります。

そのため、はじめは今回の見本のように設定し、慣れてきたら変更したい箇所を変更していくと良いと思います。

サイトのSEO強化のために必ず入れておきたいプラグインなので、ぜひ設定してみてくださいね!

 

無料メールマガジンで莉音の最新情報をお届けします

コメントを残す

*

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ