プラグイン

WordPressプラグインPost-Viewsで記事ごとのアクセス数が分かる!

Post-Views プラグイン 記事ごと アクセス数

ブログを運営していると、Google Analyticsなどのアクセス解析を利用してアクセス数を確認していると思いますが、今回ご紹介するプラグイン【Post-Views】では記事ごとのアクセス数が一目で分かり、とても便利です!

アクセス解析のようにそれ専用のサイトを開かなくても、WordPressのダッシュボードからすぐに閲覧数が確認できるのです。

こちらの記事では、Post-Viewsの設定方法や見方、活用方法を解説いたします。

Post-Viewsについて動画で解説

 

Post-Viewsの設定方法

まず、ダッシュボード→プラグイン→新規追加で【Post-Views】をインストールします。(類似プラグインがあるので要注意)

有効化します。

参照:プラグインのインストールと有効化の方法

次にダッシュボードの『設定』から『Post-Views』をクリックします。

Post-Views プラグイン 記事ごと アクセス数

すると、記事ごとのアクセスが見られます。

Post-Views プラグイン 記事ごと アクセス数

モザイク部分には記事のタイトルがそのまま載っているので、どの記事に何アクセス来ているのかが一目で分かりますね^^

今日、1週間、1ヶ月、半年、1年、合計と並んでいるので、人気がある記事も分かりやすいです。

 

また、ダッシュボードの左上に表示される【Post-Views】からも見ることができます。

Post-Views プラグイン 記事ごと アクセス数

 

ダッシュボードからワンクリックで記事ごとのview数が一覧で見られるので非常に手軽です。

【Post-Views】の活用方法

【Post-Views】の”1記事にどれだけのアクセスが集まっているのかが一目で分かる”という特長を活かしていきましょう☆

アクセスが多い理由を考える

【Post-Views】をチェックした時に、アクセスが多く集まっている記事が分かったら『その記事がどうしてアクセスが多く集まったのか』を考えます。

ネタによっては日を狙って書いたため、それが当たってアクセスが多く集まったということもありますし、中には『特に日を狙ったわけではない記事』へのアクセスが急に増えたということもあり得ます。

芸能人のネタで書いた記事のviewが突然増えた場合には、Twitterでその記事に書いた芸能人の名前で検索すると大体理由が分かりますよ^^

テレビで注目されたために一気にアクセスが増えた場合なんかは、見た人がTwitterでつぶやいていることが多いので☆

周辺キーワードや類似キーワードで記事を書く

【Post-Views】でアクセスが多い記事が分かったら、それに関する周辺キーワードや類似キーワードで書けるものははじから書いていきましょう。

例)しゃべくり007に出演する松山ケンイチのことを放送前に記事にしておいたら、しゃべくり007の放送日にたくさんアクセスが来た→しゃべくり007に出演する人は毎回書く!

こんな感じで、アクセスが多く集まった理由を調べて、それに関することを書いていきます。

そうすることで、だんだん『当たる記事』というのがわかってくるようになりますよ!

プラグイン【Post-Views】の注意点

ひとつだけ注意すべき点は、Post-Viewsはプラグインをインストールして有効化した日からのデータしか反映されません。

したがって、もしも1年前から運営していたブログに今日Post-Viewsを入れても、今日からのデータしか取得できないので、Post-Viewsはサイトを立ち上げたらすぐに導入した方が良いということですね^^

 

【Post-Views】は記事ごとのアクセス数が一目で分かるとても便利なプラグインなので、ぜひ活用していきましょう!