プラグイン

WP External Linksで外部サイトに自動でnofollowタグを付ける方法

WP External Links 外部サイト 自動 nofollowタグ 付ける方法

こちらの記事では、WordPressのプラグインWP External Linksを使用して外部リンクに自動でnofollowタグを付ける方法を解説していきます。

WordPressでブログを運営していると、外部サイトのリンクを貼る機会は多いですよね。トレンドアフィリエイトを実践する際にも頻繁に外部サイトのリンクを貼ると思います。

しかし、外部リンクを貼ると相手のサイトへ自分のサイトのSEOパワーを送っていることになります。

自分のサイトがSEOパワーを100持っているとしたら、外部リンクを貼るたびに1送る・・・そんなイメージです。

せっかく育ててきたサイトのSEOを外部サイトに送っていたらもったいないですよね。

そこで、外部サイトへSEOパワーを送らずにリンクを貼るには『ノーフォロータグ』というものを付ける必要があります。

ノーフォロータグとは、外部サイトのURLに『rel=”nofollow”』を付け加えるという作業なんですが、外部リンクを貼るたびにわざわざ『rel=”nofollow”』を手動で付け加えるのは非常に面倒です。

そこで便利なのがプラグインのWP External Linksです!

WP External Linksを使えば、外部リンクを貼り付けた時に自動的に『rel=”nofollow”』を付け加えてくれるので、とても楽になりますよ。

WP External Linksの設定方法を動画で解説

 

WP External Linksの設定方法を画像で解説

まず、ダッシュボード→プラグイン→新規追加→『WP External Links』で検索し、インストール&有効化します。

参照:プラグインのインストールと有効化の方法

 

こちらをインストールします。

 

インストールと有効化が完了したら、ダッシュボードの左下のところに『External Links』という表示がされるので、そちらから設定をしていきます。

WP External Links 自動 ノーフォロータグ 設定方法

 

ダッシュボードに「External Links」という表示がなく、このように「外部リンク」と表示されている場合はこちらから設定していきましょう。

WP External Links 設定方法

 

ここで設定できるのは下記の5つです。

(英語の場合と日本語の場合があります。)

 

  • 外部リンク(External Links)
  • 内部リンク(Internal Links)
  • 除外リンク(Excluded Links)
  • 例外(Exceptions)
  • 管理者機能(Admin Settings)

 

外部リンク

外部リンク(External Links)の項目で設定できるのはこの2つです。

  1. 外部リンクを新しいタブで開くようにすること
  2. nofollowタグをつけて外部リンクにSEOが流れないようにすること

「外部リンク」を下記画像のように設定していきます。

「アイコンの種類を選択」のところは、画像を設定しておくと記事内に外部リンクを貼った時に、リンクの横にこのようなマークが付きます。

必要ない場合は「アイコンなし」でOKです。

外部リンクを設定したら一旦「設定を保存」をクリックします。

 

内部リンク

内部リンク(Internal Links)の項目で設定できるのはこの2つです。

  1. 内部リンクは別タグでは開かない
  2. 内部リンクにnofollowタグはつけない

外部リンクだけではなく自分のサイトのリンクにnofollowタグをつけてしまうと、
「自分で自分のサイトのことを評価しない」
という状態になってしまいます。

なので、内部リンク(自分のサイト)にnofollowタグをつけない
という設定にする必要があります。

・「設定を適用」にチェック

・内部リンクを開く:変更しない

・followまたはnofollowを設定:変更しない

「設定を保存」で設定は完了です。

 

その他の「除外リンク」「例外」「管理者機能」はそのままでも大丈夫です。

 

WP External Linksの設定まとめ

WP External Linksというプラグインは、外部リンクを別ウィンドウで表示させる設定と、ノーフォロータグを自動で付く設定ができて非常に便利です。

ぜひ導入していきましょう。