映画

【映画】億男の感想と結末のネタバレ!お金があれば幸せになれるのか?

映画 億男 感想 ネタバレ

【映画】億男を公開初日に早速観てきました!

お金とは何か?幸せとはどこか?というキャッチコピーを見て、なんだか深そうだしおもしろそうだなと思い、公開を楽しみにしていました。

主演は佐藤健さん。また、親友で重要な役どころの九十九に高橋一生さん。

その他、北村一輝さんや藤原竜也さん、沢尻エリカさんや池田エライザさんなど、豪華な顔ぶれがそろっています。

今回は【映画】億男のあらすじや感想、記事の最後の方では結末のネタバレもしていきたいと思います。

ネタバレに入る前には注意喚起をさせていただくので、ネタバレは避けたいという方も安心して読み進めてくださいね!

【映画】億男のストーリー

映画プロデューサー・川村元気さんの同名ベストセラー小説を佐藤健さん&高橋一生さんが共演し、「るろうに剣心」シリーズや「3月のライオン」の大友啓史監督によって映画化されました。

佐藤健さん演じる主人公の一男は兄の借金の保証人となり、3000万の借金を背負うことに。昼は図書館の司書として、夜はパン工場で働きながら必死に借金を返していました。

黒木華さん演じる妻・万左子は一男に愛想を尽かして娘を連れて出ていき、別居中。

一男は、

「借金が返し終わるまでは家族とは暮らせない」

「借金さえなくなればすべてうまくいく」

という思考でした。そのため、取り憑かれたように四六時中借金のことを考えていたのです。

そんな状況では、家族からしたらまったく楽しくないですよね・・・

四六時中借金のことで頭がいっぱいになっている一男に、ある日3億円の宝くじが当選するという幸運が舞い込んできました!

しかし、一男は「宝くじの高額当選者が不幸になった末路」について調べ、読んでみると怖くなってしまいました。

そこで起業して成功している大学時代の親友、高橋一生さん演じる九十九にお金の使い方について相談をしに訪れました。

その夜、一男と九十九は久々の再会に喜び豪遊します。そして酒に酔いつぶれた一男が目を覚ますと3億円と九十九は消えていました・・・

一男は、九十九を探し始めます。九十九がこれまでに関わってきた億万長者の3人に会いに行き、話を聞いていきます。

お金とは何か?幸せとはどこか?

お金さえあれば幸せになれるのか?

お金で幸せを買うことができるのか?

お金と幸せ」という哲学的で正解のないテーマですが、人それぞれの考えを垣間見ることができます。

【映画】億男に登場する3人の億万長者

一男、3億円ゲットした時点でさっさと3千万円の借金返済に充てれば良かったのに・・

なんて言ったらストーリーになりませんね!笑

この映画では、九十九を探し出すため、手がかりを求めて九十九がこれまで仕事で関わってきた人たち、一人一人を訪ねて話を聞いていくのですが、北村一輝さん・藤原竜也さん・沢尻エリカさんの個性が強くて!!

北村一輝さんが最初に登場した時は「誰??」と思うほどの名演技でした。

北村一輝さんの役がすごくおもしろかったです。同時にすっごく演技が上手だなーと思いました!

3人それぞれ個性が豊かですし、お金に対する価値感も違っていました。

【億男】北村一輝さんー百瀬栄一

高橋一生さん演じる九十九が経営していた会社「バイカム」の元CTO(最高技術責任者)のスーパーエンジニア。

現在は3つの会社を経営する億万長者で、競馬場のVIPルームで億の金を転がして豪遊しています。

一男は競馬場に訪ねます。

まずここで、百瀬のお金の価値観を感じることになります。

【億男】藤原竜也さんー千住清人

「バイカム」CFO(最高財務責任者)。

現在は「夢実現セミナー」を主宰するマネーアドバイザー。投資のセミナーをしていると思いきや、今度はリムジンで着替えをし、カツラを被り髭をつけて、「ミリオネアニューワールド」という新興宗教の教祖も務める男。

怪しい自己啓発セミナーを開催。「安心を売る」と銘打って、ビジネスをしています。

藤原竜也さん演じる千住は見るからに金の亡者そのものでした。

【億男】沢尻エリカさんー安田十和子

元「バイカム」広報IR担当。

九十九の秘書を務めていた女性です。

若くして10億円を手にしたものの、お金で女性を買おうとする男性や、男性に買われようとしている女性をたくさん見てきたことで、お金で物を言わす人が嫌になりお金に興味のない男性と結婚。

【億男】の見どころ

北村一輝さんと藤原竜也さんの出演シーンはとても勢いがあり、盛り上がる部分ですし、面白いです。お二人の怪演は必見です。

後半は10年前に一男と九十九が2人で行ったゆったりしたトルコ旅行の回想シーンが映り、その景色がとても美しくて癒やされます。

あとは、高橋一生さんと佐藤健さんの落語シーンも見どころのひとつですよ!

個人的には、回想シーンの大学生の飲み会の席に矢作穂香さん(未来穂香さん)が出演していて「あ!!」と思いました。

あの子がちょっとセクシーキャラで意外でした。

主題歌はBUMP OF CHICKENの〝話がしたいよ〟です。この曲が流れるエンドロールも素敵でした♪

【映画】億男の感想

高橋一生さんが言った「ものの価値は人が決める。」という言葉が印象的でした。

ものに対する価値もお金に対する価値も、結局決めるのはその人それぞれ。

1万円の価値だって人それぞれ感じ方が違いますよね。

お金で人が変わってしまうのは「お金さえあればなんでもできる」と感じてしまうからだと思います。

お金さえあれば人の心が買えるとか、
お金さえあればすべてうまくいくし、幸せになれる。

そういう思考の人は危ないと思います。

なぜなら、今の生活の中からひとつも「幸せ」を見つけられない人は、お金を持ってからも「幸せ」を見つけられないから。

まずは今の置かれた現状の中での幸せを見つけることが大事だし、小さな幸せも喜べる人が幸せなお金持ちになれるのではないでしょうか。

お金さえあればなんでも手に入る・・

お金がない今は、不幸でしかない・・

そんな風に頭の中がお金でいっぱいになる状態は、お金に心を囚われてしまっている状態だと言えますね。

【億男】では、「幸せとは何?」ということを、何度も何度も色んな角度から考えさせられます。

それぞれの境遇から考えたり、トルコという異国の地で考えたり。

成功している状態、会社を手放す状態、夢や熱意を抱いている状態、借金のことで頭がいっぱいな状態。

色んな人の立ち場や状況から、お金と幸せについて考えさせられました。

映画 億男 感想 ネタバレ

【映画】億男を観て改めて私の幸せを考えてみた

私が考える幸せ』は、「お金のことを考えなくても良い状態です

住む家を選ぶことができ、食べたい物を食べたい時に食べられたり、行きたい所へ行きたい時に行く。

そこに、お金がかかる場合はお金をかけるし、お金をかけずに済むならかけない。

要は、選択の基準をお金にしないことができれば、それは本当に幸せなことだと私は思います。

私は以前、貧乏OLだった頃は「値段」を判断基準にして買い物をしていることが多かったです。

10円でも安くするために、コンビニでおにぎりを買おうと思ったら「好きな具材」より「値段」で決める。

本当は生たらこが好きなんです。でも、生たらこって200円くらいするんですよ。笑

おにぎりは大体100円というイメージがあった私は、200円なんて贅沢。100円に近い昆布にしようと考えて買うのが当たり前でした。

でも、本当の幸せは「心が食べたいと言ってる方を選ぶこと」だと思います。

心から昆布が食べたいと思って昆布を買うなら、それは幸せなこと。

でも、本当はその時に「生たらこ」が食べたいならそっちを選べば良いのです。

安い方安い方と言って値段を基準として買い物をすると、欲しくもないのに「安いから」という理由で買い物をしてしまうという現象が起きます。

なので、逆に値段を判断基準にすると無駄遣いも増えてしまいそうですね。

値段を判断基準にするのではなく、自分が本当に欲しいものを、お金ではなく心の声で選べること。それが本当の幸せではないでしょうか。

私はそう思います。

幸せを見失わないためには、自分は何をしている時が一番幸せなのか。それを常に知っておくことが大事ですね!

「1億円稼いだら幸せ」は違います。

「1億円稼いで、〇〇に使うから幸せ」なんです。

お金は、それがあるだけではただの物質であり、ただそこに存在しているだけ。

でもそのお金を使って何をしたいか、誰と過ごしたいか、どこへ行きたいか。

それを知って、上手にお金を使えることが「心が豊か」という状態だと思います。

「お金さえあれば幸せになれる」のではなく、幸せは人の心が決める主観的なもの。

だから、お金があってもなくても常に「自分の幸せはこういうこと!」と思い描くことが大事です!

【映画】億男の結末ネタバレ。結局幸せとはなんぞや?

ここから先は、映画【億男】の結末ネタバレになります!

結末ネタバレを知りたくない方は、これより下は見ないようお気をつけくださいね。

映画 億男 感想 ネタバレ

 

信頼していた親友に3億円を持って逃げられる、その絶望は計り知れないですよね。

でも実は、高橋一生さん演じる九十九は一男がいきなり手にした大金によって浮かれたり、おかしくならないようにテストをしていました。

本当に奪ったのではなく、奪ったように見せただけでした。

その間に、お金とは何か?を考えたり見つけ出してほしかったのです。

一男は、お金とともに消えた九十九に対しても「九十九はそんなことをするような人じゃないと思うし、信頼してる」と言っていました。

九十九はそれを聞いて安心しました。

大金を手にして本当の幸せを見失ってしまったり、夢や情熱を奪われてしまう。そういう風に不幸な人にならないようにあえてやったことで、九十九の親友に対する思いやりだったんですね。

最後に一男は娘が欲しいと言っていた自転車をプレゼントすることができて、お金を使って大切な人を笑顔にしてあげることができました。

その時の黒木華さん演じる妻・万左子の笑顔も本当に幸せそうで素敵でした。

最後の最後で「本当の幸せ」を目にしたような気がします。

あなたもぜひこの映画を観て

お金とは何か?幸せとはどこか?

じっくりと考えてみてください♪

お金で買える幸せは確実にたくさんありますが、お金では買えない目に見えない幸せも大切にしたいですね!