サイト開設ーWordPressー

WordPressのGoogle XML Sitemapsの設定方法と使い方を解説

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

WordPressのプラグインGoogle XML Sitemapsの設定方法と使い方を解説します。

Google XML Sitemapsをインストールして設定し、Googleウェブマスターツールに登録しておくことで、自分のサイトのインデックス速度を早めることができるので、サイトを立ち上げたらまずインストールすべきプラグインです^^

XMLサイトマップとは?

そもそもXMLサイトマップとは何かということなんですが、これは検索エンジンのクローラーのために作られる目次です。

自分が書いた記事が検索エンジンの結果に表示されるには、更新情報をクローラーにインデックスされることが必要です。

クローラーが更新情報をインデックスしやすいように、目次を作るのです。

クローラーは定期的にこのXMLサイトマップのという名の目次を巡回しに来て、更新情報を検索エンジンに反映させます。

デフォルトの状態だと、クローラーが巡回しに来るのを待っているということになりますが、Google XML Sitemapというプラグインを有効化し、ウェブマスターツールに登録することで、更新情報をこちらからGoogleに伝えることができるのです。

クローラーが巡回してくるのを待っているよりも、こちらから『更新したよ!』と伝えた方がインデックス速度が向上するので、Google XML Sitemapのプラグインを有効化し、ウェブマスターツールに登録をして、こちらから検索エンジンに目次を送信していきましょう☆

Google XML Sitemapの設定方法を動画で解説!

 

Google XML Sitemapの設定方法

プラグインのインストール

まずはGoogle XML Sitemapsのプラグインをインストールをしましょう。

『プラグイン』→『新規追加』→『Google XML Sitemaps』を検索

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

 

検索結果にGoogle XML Sitemapsが出てくるので『今すぐインストール』をクリックします。

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

 

インストールできたら『プラグインを有効化』をクリックします。

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

Google Search Consoleに登録する

次にGoogle Search Consoleにサイトマップの情報を登録していきます。

Search Consoleへの登録や設定がまだの場合は、先に行ってくださいね。

GoogleSearch Consoleの登録設定方法

 

Google Search Consoleにログインして、ダッシュボードの『サイトマップ』をクリックします。

するとこちらが表示されるので、「サイトマップのURLを入力」にサイトマップの情報を入れていきます。

 

WordPressのダッシュボードに戻り『設定』→『XML Sitemap』を開きます。

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

 

『あなたのサイトマップのインデックスファイルURL』を使ってSearch Consoleの方にサイトマップの登録をしていきます。

こちらのURLをすべて入力するのではなく、ブログのURL以降の『sitemap.xml』を入力します。

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

 

入力ができたら『サイトマップを送信』をクリックします。

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

 

『ページを更新する』をクリックします。

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

 

これでサイトマップをSearch Consoleに登録することができました。

Google XML Sitemaps 設定方法 使い方

最初は『保留』になっていますが、時間が経つと『送信』のところに数字が表示されるようになります。

プラグインGoogle XML Sitemapsの設定は以上になります。

サイトマップやSearch Consoleなど、最初のうちはよく分からないと思いますが、使用していくうちにだんだんわかってくるものなので、大丈夫ですよ☆

ぜひこちらの記事や動画を参考にして、Google XML Sitemapsの設定をしてみてくださいね。