SEO

All in One SEO PackでSEO強化!使い方と設定方法を画像で解説

All in One SEO Pack 設定方法 使い方 SEO強化

All in One SEO Packというプラグインは、WordPressサイトのSEOを強化するためのプラグインです。

WordPressでブログを運営されている多くの方は、このAll in One SEO Packを使用されていると思います。

All in One SEO Packは便利な半面、設定する箇所が多いので初心者の方には何をどうしたら良いか分かりづらいのではないでしょうか。

こちらの記事では、All in One SEO Packの設定方法や使い方を解説いたします。

賢威・SANGO・JINなどのテンプレートでは、このプラグインを入れなくても大丈夫です。

テンプレートの公式サイトを見たり検索をして自分のテンプレートに必要かどうかを調べてみましょう。

All in One SEO Packとは?

All in One SEO Packは、サイトのSEO関連の設定を総合的に管理できるプラグインです。

記事ごとにタイトルやキーワードを設定できるので、書いた記事を検索結果の上位に表示させやすくなります。

それ以外にもウェブマスターツールの認証が行えたりと、他のプラグインを使うような機能がついていて便利です。

All in One SEO Packの機能一覧

・サイトのタイトルやキーワードの設定

・Google Analyticsのコードの設置

・XMLサイトマップの生成機能

・GoogleSearch Consoleの認証

・ソーシャルメディアのメタタグ設定

これらが代表的なAll in One SEO Packの機能です。

All in One SEO Packの設定方法

ではここからはAll in One SEO Packの設定方法をひとつずつ解説していきますね。

All in One SEO Packはアップデートによって表示が英語表記・日本語表記になったり表示の順番が前後したり、細かい部分が頻繁に変更されます。

そのため、あなたが設定するAll in One SEO Packの表記がこの解説とまったく同じではない場合があります。

内容は大体同じだと思いますが、不安な場合は「All in One SEO Pack 設定方法」などでなるべく最新の情報を探してみてください。

All in One SEO Packのインストール

ダッシュボード→プラグイン→新規追加→『All in One SEO Pack』と検索してインストールし、有効化します。

参照:プラグインのインストールと有効化の方法

有効化するとダッシュボードに『All in One SEO Pack』が表示されるようになるので、そちらから設定をしていきます。

All in One SEO Pack

設定項目は11個

設定項目は11個あります。

  1. 一般設定
  2. ホームページ設定
  3. タイトル設定
  4. コンテンツタイプ設定
  5. 表示設定
  6. ウェブマスター認証
  7. Googleアナリティクス
  8. Schema Settings
  9. Noindex設定
  10. 詳細設定
  11. キーワード設定

ひとつずつ解説していきますね。

キーワード設定

まずは一番下までスクロールし、「キーワード設定」を設定していきます。

 

デフォルトでは「無効」にチェックが入っていますが、

 

「有効」にチェックを入れておきましょう。

それ以外の箇所はそのままでOKです。

 

一般設定

一番上に戻り、一般設定から見ていきます。

一般設定は下記のようになっていればOKです。

 

ホームページ設定

「ホームページ設定」にはサイトの情報を入れていきます。

ここで設定した内容が検索結果に表示されるので重要な項目です。

ホームタイトル:あなたのサイトタイトルを入力します。

ホームディスクリプション:サイトの説明文を入力します。

ホームキーワード:サイトを検索する時に、なんというキーワードで検索されたいかを考えて入力します。

 

参考までに、私のメインサイトの場合はこのように入力しています。

 

タイトル設定

『投稿タイトルのフォーマット』の赤枠部分を消し、『%post_title%』だけにします。

 

『| %blog_title%』が付いていると、検索結果に記事タイトルとブログのタイトルも表示されてしまいます。

例えば記事タイトルが『プラグインの使い方』の場合、『プラグインの使い方|サイトタイトル』という風に表示されてしまうのです。

検索結果には記事タイトルだけ表示された方がスマートなので、『投稿タイトルのフォーマット』は『%post_title% 』にしておきましょう。

 

コンテンツタイプ設定

こちらはSEOを有効にするものを設定できます。

デフォルトでこの形になっているはずなので、このままでOKです。

固定ページはSEO対策がいらないという方はチェックを外しておきましょう。

 

表示設定

表示設定はデフォルトでは「投稿」と「固定ページ」にチェックが入っていますが、特にラベルが表示されても使うことはないので両方ともチェックを外してOKです。

↓↓↓

 

ウェブマスター認証

「Google Search Console」の欄にSearch Consoleの埋め込みコードを入れることでAll in One SEO Packを使ってSearch Consoleの承認作業ができます。

Search Consoleの承認作業はエックスサーバーを使った方法を解説しているので、ここでの入力は省きます。

参考までにこちらを貼っておきます。

新しいSearch Consoleの設定方法!エックスサーバーからサイトの所有者確認が簡単にできる。Search Consoleが新しくなりましたね! サイトの登録方法も以前とは変わりました。こちらの記事では新しいSearch Con...

 

 

Googleアナリティクス

「GoogleアナリティクスID」の欄にアクセス解析ツールのGoogle AnalyticsのIDを入力することでGoogle Analyticsを設置することができます。

 

GoogleAnalyticsの設定はこちらの記事で解説しているので、ここでの入力は一旦省きます。

Google Analytics WordPress サイト アクセス解析 設定方法
Google AnalyticsをWordPressサイトに設置する方法WordPressサイトのアクセス解析にはGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)がオススメです。 ブログを実践する...

後にGoogleAnalyticsを設置するときにIDを入れていきましょう。

 

Schema Settings

これはSchema.orgという構造化マークアップを利用し、検索エンジンにWEBサイトの構造をわかりやすく伝えるための設定です。

「Schema.orgマークアップを使用」は有効にチェック、「サイトリンクの検索ボックスを表示する」もチェックを入れたままでOKです。

「ソーシャルプロフィールのリンク」は任意で、「個人または組織」は個人の場合は「人」にチェックを入れておきましょう。

 

Noindex設定

NOINDEX をデフォルトにする:oEmbed Responseとコンタクトフォームにチェックを入れます。

Default to NOFOLLOW:oEmbed Responseとコンタクトフォームにチェックを入れます。

ただし、「コンタクトフォーム」は後にコンタクトフォームのプラグインContact Form 7の設定をした後に出現します。なので、Contact Form 7の設定をしたあとにこのページに戻り、チェクを入れるようにしましょう!

 

それ以降は「カテゴリーにnoindexを使用する」以外にチェックを入れます。

 

詳細設定

詳細設定では、「ディスクリプションを自動生成する」にチェックを入れておくことで、ディスクプリクションに何も入力しない時でも自動で本文からディスクプリクションを生成してくれます。

それ以外はチェックなしの状態でOKです。

 

設定を更新

すべて設定できたら『設定を更新』をクリックします。

以上でAll in One SEO Packの設定は終わりです。お疲れ様でした!

 

All in One SEO Packの使い方

設定が完了したら、記事の新規投稿画面の下の方にAll in One SEO Packが表示されるので、記事を書くたびに下記のように入力していきます。

タイトルの欄にはブログ記事のタイトルを入力します。

全角(数字や英語は半角)28〜32文字が適切とされています。

これはGoogleなどの検索結果に表示されるタイトル文字数が32文字までのためです。

ただし、パソコンで見た時とスマホで見た時に表示される文字数は異なります。

文字数を超えてもペナルティなどはありませんが、
表示される文字数まででユーザーに分かりやすいタイトルの方が良いので、なるべく28〜32文字で収めると良いですね。

 

説明の欄は、ブログ記事の説明文を入力します。

タイトルとともに検索エンジンに表示される部分です。

先ほど設定した「詳細設定」で「ディスクリプションの自動生成する」にチェックをいれておいたはずなので、説明欄を入力しなくても自動で記事本文から作成してくれるようになります。

ただ、自動だとどこから抜粋されるかが分からないので、
しっかり何についての記事でどんな悩みが解決できるのかなどは一手間加えて書いておくと良いでしょう。

 

キーワードは、検索されたいキーワードを入力します。キーワードに入れたものは、タイトルや説明文にもしっかりと入れていきましょう。

最後に

All in One SEO Packは設定が多くて大変ですね。

最初のうちは何がなんだかわからないと思いますが、記事を書いていったり作業になれていくと『これってこういう意味だったんだな』というのがわかるようになります。

そのため、はじめは今回の見本のように設定し、慣れてきたら変更したい箇所を変更していくと良いと思います。

サイトのSEO強化のために入れておきたいプラグインなので、ぜひ設定してみてくださいね!